2019年の失敗しないおせち通販で購入する為のニュース

おせちが通販で売られるようになって7年ほど経ち、今やおせちは通販で買うのが常識となってきました。おせち通販の老舗はもう8月から早割り(早期予約割引)予約販売を開始し、早割りの終了する9月末には人気商品が完売しています。

 

ですので人気商品を早割りのお得な価格で買うには10月末まで継続中の匠本舗で早目に購入するのがベストになってきます。


7年連続ネットショップ大賞受賞の匠本舗の料亭監修のおせちだけが現在予約販売を開始しており、早割りを導入しているのも匠本舗の料亭監修のおせちのみです。

昨年も匠本舗の人気商品は9月末で完売しており、11月中にはほとんどの商品が完売し、12月に入ればもう購入できないような状態になって、おせち通販ナンバーワン以外のところから購入しなければならない状態になります。

そういった匠本舗以外の御節を購入する場合は、品質の他にも配送にも注意を払わなければなりません。12月のクリスマス以降は運送業者の配送は年末の渋滞でままならず、既に運送業者配達店に商品が届いていないと配達遅延ということにもなりかねないからです。

 

そういう観点からも匠本舗は7年おせち通販のトップを走ってきているので、運送業者との連携も抜群で安心です。


せっかくのお正月用のおせちなのに正月に届いていないということにもならないように、人気の匠本舗の料亭監修のおせちを早割りで購入できる今がおすすめです。

現在唯一早割りでおせち通販を開始している人気の匠本舗の料亭監修のおせち

匠本舗のおせち料理

売れ筋おせち料理が豊富なネット通販!

「匠本舗」は厳選した料亭や老舗ホテルのおせち料理を販売するおせち通販です。目利きの主婦たちが選んだおせち料理なので、迷わずに満足度の高いおせち料理を選べるのが「匠本舗」の魅力。早割価格で提供している他、代引き手数料・送料も無料。

料理は全品素材を生かした冷蔵のおせちです。技術の高い料理人が監修したおせちを取り寄せるなら「匠本舗」は外せません。

Oisixのおせち料理

安心・安全を追求したおせちを販売するネット通販!

    おせちネット販売のパイオニアといえば、「おいしっくす」です。その「おいしっくす」では、使用する食材はすべて放射能検査が実施され、合成着色料、保存料も一切使用していないのでとても安全。

    また、早割キャンペーンに加え、全額返金保証制度もあるので初めての購入でも安心です。しかも、全て送料込みなので遠方ほどお得。お正月のおせちは「おいしっくす」抜きでは愉しめません!

紀文のおせち料理

大手メーカー直販のおせちネット通販!

    メーカー直販のおせちを購入するなら、「紀文」がオススメです。最大の特長は希望のお届け状態や必要な単品おせちを販売している点です。また、キャラクターおせちの販売でも有名でお子様に大人気。

    お届け状態は、生おせち、冷凍おせち、個包装とあり、中でも個包装おせちは、食べたい量だけ取り出せば良いので風味そのままで食べれる美味しいおせちです!

旨いもの探検隊のおせち料理

料亭・割烹・有名料理店のおせちを販売するネット通販!

    「旨いもの探検隊」は海鮮を中心としたおせちを販売する北海道の特産品を取り扱う通販です。中でも三大蟹が付いている「春の饗」三段重は「旨いもの探検隊」を代表するオススメの海鮮おせちです。

    また、割烹鳴駒監修や京料理道楽監修のおせちもリーズナブルな価格で販売。お子様も喜ぶボリューム満点のおせちを取り寄せるなら三大蟹付の海鮮おせちは超オススメです。

おせち通販の動向 ~2019年正月のおせち~

このほど2012年4月から2013年の3月までの通販市場の売上高が発表されましたよね。

 

その調査結果によると前年比6.3%増の5兆4,100億円で金額ベースでは前年比3,200億円増という結果だったというのですから、通販市場が伸びていることがわかると思います。


但し、この売上高の推移は会員数509社を対象にした通信販売企業実態調査の先行集計したものと非会員数180社の売上とを合算した売上高なので、伸び率は別として実際の売上高はもう少し多いのではないでしょうか。

特に通販市場の中心にはアマゾンの増収益が要因とみられてはいますが、ネット通販による売上も好調という事なのでおせち料理であったり物販やサービスもネットを通じて売れているという事ですよね。

昨年の各おせち料理の通販の実績

では、昨年のおせち通販市場はどうだったのでしょうか。2011年のグルーポンを利用したバードカフェおせち問題から2年たった2013のお正月用のおせちの売上推移はおおよそではありますが

 

昨年の11月の通販新聞では前年比で10%~40%増程度で推移していると掲載されていました。という事は少なくとも10%は増加している


という事で2年前の悪いイメージは解消されたといっても良いのではないでしょうか。

その増加の要因のひとつとしては、お試し用のおせちが浸透した事にあるようで特に初めておせち通販を利用する人にとっては何万円もするおせちの予約の不安を解消できる商品ともなったのではないでしょうか。

恐らく、そのような意味では少なくとも失敗しないおせちを取り寄せるという事で前年のきずな消費を上回る受注に繋がったともいえますよね。なので、おせち通販の知名度も定着した感があり

 

今年もおせち通販市場に新しく参入してくる企業もあるでしょう


し、ますます激化するのではないでしょうか。しかし、ここで言いたい事はあの手この手の販売手法でおせち受注を狙ってくるおせち通販の戦略に惑わせされない事が大切だと云う事です。

おせち商戦の戦略に乗らないおせちの選び方

新しく参入する企業のおせち料理を否定するわけではないですが、中には実績を残す為に体制も整っていない状態で無理な販売数を設定して予約を受け付けてしまった結果、

 

バードカフェののような粗悪な盛り付けのおせちを取り寄せるはめになったり、配達の遅延といったトラブルに巻き込まれるかもしれないからです。


という事では参入する企業が大手であっても通販事業や食品販売に携わった実績のない企業のおせち通販にはよくよく気をつけて惑わされる事のないように注意すべきだと思います。

また、トラブルの起こる可能性としては低いですが、総合通販各社のおせち通販や百貨店各社のおせち通販の場合、多種多様なおせち料理を取り扱って販売している反面、製造管理まではしていないので

 

受注ミスや製造元との連絡ミスも全くないとはいえません。


そういった意味では仮想モールである楽天・ヤフー・ぐるなびのおせち通販でも連絡ミスによる受注トラブルや遅延等による対策の不備なども全くないともいえないのではないでしょうか。

その点、当サイトがお勧めするネット販売会社のOisixのおせち通販や匠本舗のおせち通販などはおせちを取り扱う種類は少ないですが、安心安全を徹底したおせち料理作りや主婦の試食会で厳選したおせち料理しか扱わないといったこだわりがある通販で購入するほうがトラブルに遭遇する可能性は低いので来年も安心してお正月を迎えられるはずです。

最後に、おせち通販市場には今年も新しい参入企業があるはずなので初めておせち通販を利用する人は特に気をつけてください。

 

不安であれば、お試しおせちのある通販で取り寄せてみて予約するようにすれば、より安全に購入する事ができるのではないでしょうか。


また、購入経験のある人はお気に入りのおせち通販で継続して予約するかもしくは当サイトお勧めのおせち通販で購入してみてはどうでしょう。特に2019年のおせちランキングの売れ筋が狙い目です。

それとおせち料理の人気ランキングを見れば一目瞭然ですが塩分控えめおせちなどは食事制限のある人にとってはすごく有難い人気のおせち料理です。

海鮮おせちの蟹付きの場合はズワイガニの食べ方等の説明書もついている事が多いのでボリュームを愉しむならおすすめです。

じっくりとおせち通販の昨年実績を見ておせちを予約しましょう

おせち料理を取り寄せるご家庭が増えている昨今、数年に亘りおせち通販を、利用されている方にとってはおせち選びもひとつの愉しみではないでしょうか。毎年の事ではありますが、

 

おせち料理の予約販売は早いおせち通販では9月からスタートし、10月からはどこのおせち通販も軒並、予約販売を開始するのでメディアでもよく目にする事と思います。


長ければ、3ヶ月は吟味できるわけですから各おせち通販の昨年実績をみて新しい動向を探りながら予約しましょう。

25019年のおせち料理通販の最新ニュース

昨今ヤマト運輸などの運送負担増などが問題になっていますが、おせち料理の通販の業界も無関係ではありません。

おせち料理が配送される期間は、この運送業界でも最も繁忙期にあたる年末です。おせち料理の通販などの遅配などの問題が起こるのもこの時期に配送されることも関係しています。

ピークはクリスマスですが、クリスマス商戦が終わると今度は正月用の商品が物流に流れ出します。そこが落ち着いて、各企業が年末年始の休業に入ったあたりから、物量は落ち着くのですが、

 

今度は帰省ラッシュで主要幹線が渋滞し、サンデードライバーも巷に溢れ出してきて、配達の難しい状況になります。


こういった難しい配達状況の中、更なる運送負担増の問題が出てきては、運送業者だけでは改善できなくなってきています。そこで、今年のおせち料理の通販でいち早くこの状況に対応してみせたのが、通販おせち料理の老舗の匠本舗です。

 

匠本舗はヤマトのクール便にて毎年配送していましたが、他社とも提携して不可を各業者に分散し、いち早く問題解決に向けて動きました。


毎年の事で、長年やってきているわけですからこの早い対応も頷けます。またOisixなんかも年中運送業者も利用して、食材宅配をしているので問題解決に向けて話し合いをっしているはずです。これは、

 

元○○急便社員で、Oisixの担当だった僕が言うのだから間違いありません。


今年もこの二社は安心して注文できるはずです。

おせち料理の通販の最新ニュースは?国民生活センター北海道おせち料理通販2019おせち料理洋風ランキング2019おせち通販高級

希少なタラバガニや毛蟹を今年中に味わっておきましょう!

北国からの贈り物

かに本舗

浜海道